この講座の対象者



・斜視

・斜位

・両眼視ができない

・同時視

・融像

・立体視

これらができない人

この講座であなたが得られること


この講座を学ぶことで、あなたは両眼視が使えるようになります。


ポイント1:同時視

ポイント2:融像

ポイント3:立体視

視力改善は、眼球運動の制御と眼球の調整を改善するために使用されます。斜視(目の回転)、弱視(怠惰な目)、動眼神経機能障害(視線追跡障害)、およびその他の両眼視障害の改善によく使用されます。視覚療法はまた、より良い視覚化、視覚、および目と手の協調スキルを促進します。これは、既存の神経接続を強化するか、目と脳の間に新しい接続を構築して、目の調整と視覚処理を合理化することによって機能します。


この講座のゴール



この講座では、斜視・斜位について学び、両眼視が使えるようになることがゴールになります。


私たちの情報は目からの情報が80%以上になります。

正しく目から脳に伝えるためには、正しい見方で正しく鍛える必要がああります。

ブロックストリングの使い方を学ぶ

¥1,980

ブロックストリングの使い方